***** seminarMLから情報転載 *****


『分子細胞イメージングと疾患・創薬研究 in 神戸
 --蛍光・発光・PET・MRI等のイメージングの最前線--』

【日  時】 2006年10月20日(金) 9:45-18:30(予定)
【会  場】 ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター 大会議室3階
       (神戸市中央区港島南町7丁目1番地5号)
【オーガナイザー】(敬称略)
      小林 英司(自治医科大学分子病態治療研究センター 教授)
      千田 道雄((財)先端医療振興財団 先端医療センター研究所 副所長)
【大会WEBサイト】 http://www.dialogue2005.com/imaging_kobe/keynote.html

【基調講演】(敬称略)
「In vivo bio-imagingの現状と展望」
    小林 英司(自治医科大学 分子病態治療研究センター 臓器置換研究部 教授)
「癌細胞のin vivo イメージングを応用した核酸治療薬の開発とその課題」
    前川 平(京都大学医学部附属病院輸血細胞治療部 教授/京都大学医学部附属病院 分子細胞治療センター センター長)
「イメージングによるVascular endothelial cadherin の機能の検討」
    望月 直樹(国立循環器病研究センター研究所 循環器形態部 部長)
「病態科学と創薬へのPET分子イメージング」
    渡辺 恭良(理化学研究所フロンティア研究システム 分子イメージング研究プログラム プログラムディレクター)
「分子イメージング:疾患・創薬研究における標準化」
    飯田 秀博
    (国立循環器病センター研究所 先進医工学センター 放射線医学部 部長)
「イメージガイド治療のためのMRIの新展開 」
    黒田 輝((財)先端医療振興財団 先端医療センター研究所 分子イメージング研究グループ 上席研究員)
その他。詳細はWEBサイトをご覧ください。
※プログラムは現在予定中のものです。予告なく変更される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

【参加対象】大学・公的研究機関研究者、学生
      病院医師
      製薬・食品・化粧品企業研究者
      公的機関関係者

【参 加 費】無 料
(要旨集の購入をご希望の場合は2&s_comma;000円必要です)
 
【定  員】250名
(満席となり次第、締め切り。お早めにお申込下さい)

【参加お申し込み・詳細案内・お問い合わせ】
 事前登録が必要です。下記HPよりお申し込みください。
http://www.dialogue2005.com/imaging_kobe/keynote.html



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。