第2回国際生物分子と関連化合物シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第2回国際生物分子と関連化合物シンポジウム
2nd International Symposium on Biomolecules and Related Compounds(2ndISB)

主管 2nd ISB組織委員会
日時 平成18年11月10日(金)~12日(日)
会場 京都薬科大学 愛学館(京都市山科区御陵中内町5)
共催 京都薬科大学21世紀COEプログラム「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」
京都薬科大学 創薬科学フロンティア研究センター
協賛 日本薬学会 日本化学会 日本農芸化学会 日本生化学会 有機合成化学協会 日本ペプチド学会 日本蛋白質科学会

○招待講演
第1日
Chemical Protein Synthesis
(シカゴ大 米国)Stephen Kent
The Ins and Outs of K+ Channels Revealed Through Synthesis
(ロックフェラー大 米国)Tom Muir
Developing New Antivirals by Targeting Critical Viral/Human Protein Interactions
(ジョンズ ホプキンス大 米国)Ernesto Freire
Molecular Basis for Development of Alzheimers Disease
(国立長寿医療センター研)柳澤勝彦
The Discovery of Novel BACE Inhibitors
(メルク 米国)Joseph Vacca

第2日
Switch-Peptides as Folding Precursors: At the Crossroad of Concepts
(ローザンヌ工科大 スイス)Manfred Mutter
Molecular Mechanisms of Phytochrome Signaling
(農業生物資源研)山崎俊正
Chemical Modification of Interleukin-8 for a Better Understanding of Function
(ライプチヒ大 ドイツ)Annette Beck-Sickinger
Chemistry and Biology of Dendrimeric Peptides
(スクリプス研 米国)James Tam
Synthesis and Biological Evaluation of Artificial Bent DNA
(北大)松田彰
Breaching Biological Barriers: New in vivo Imaging Tools and Therapeutic Strategies Based on Novel Drug Delivery Systems
(スタンフォード大 米国)Paul A. Wender


第3日
From Amino Acids to Peptide Isosteres: Implication to Genome-lead Drug Discovery
(京大)藤井信孝
Synthesis and Biological Evaluations of Ghrelin Ligands - Example of an Orally Active Agonist
(モンペリエ大 フランス)Jean Martinez
Structural Development Studies of Nuclear Receptor Ligands
(東大)橋本祐一
Design and Synthesis of Protein Phosphatase Inhibitors
(理研)袖岡幹子
Developing Renin Inhibitors as Antihypertensives
(ノバルティス スイス)Juergen Maibaum
The Astellas Drug Discovery Paradigm: Diversity as a Strength
(アステラス製薬)太田光昭

ポスター発表の演題を募集しております。締切は9月21日(木)
演題申込方法
HP上Abstract Preparation/Submission Instructionsをご覧いただき、電子メールにてご応募ください。

参加登録方法
HP上の参加登録用紙に必要事項を記入し、ファックス又は郵送にてお申込ください。

参加登録費
学生5000円、大学・研究機関10000円、企業関係15000円(10月17日以降のお申込の場合は各5000円増し)

支払方法
クレジットカード(推奨)、または銀行振込。なお、参加登録費には、要旨集、歓迎レセプション、懇親会が含まれます。

申込方法、最新情報など詳しくはホームページ
http://www.kyoto-phu.ac.jp/2nd_isb/をご覧ください。



問合・申込先
〒607-8412 京都市山科区御陵四丁野町1
京都薬科大学創薬科学フロンティア研究センター
2ndISB組織委員長・木曽良明(担当・シンポジウム事務局)
TEL:075-595-4636
FAX:075-595-4787
E-mail:isb2@mb.kyoto-phu.ac.jp