第29回神経研シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第29回神経研シンポジウム

   ~~~~~~~~~~~~~
    神経変性と癌の統合的戦略
   ~~~~~~~~~~~~~

(財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所では、毎年、研究者--医療従事者・学生向けのシンポジウムを開催しています。今年度のテーマ概要は下記の通りです。
なお、このテーマに関心をお持ちの一般の方も参加できます。

  ~多数の皆様のご参加をお待ちしております~

◇◇◇テーマ概要◇◇◇
21世紀におけるサイエンスの新しい戦略の一つは、異なる研究分野を融合し、さらに展開していくことである。
これまで神経科学と癌研究は異なる2つの研究領域と考えられてきたが、最近の多くの知見によると、様々な課題を結合することにより多くの問題、例えば、パーキンソン病や癌の治療、記憶のメカニズム解明などに対して有効な手掛かりを与える可能性を示唆している。
本年度は、このような幅広い視野から創造的なシンポジウムを試みる。

*************************************************
○日 時: 2006年10月6日(金)13:00--17:35
○会 場: 新宿明治安田生命ホール
(東京都新宿区西新宿1-9-1)JR新宿駅西口出口正面
○定 員: 先着300名(参加予約不要)
○参加費: 無料
*************************************************

◆演題・講演者(講演順)

1.「シヌクレインによる細胞分化の解析」
橋本 款(東京都神経科学総合研究所)

2.「壮・老年期神経疾患の発症の切っ掛け:臨界期に関する胎生期からの観察」
小柳 清光(東京都神経科学総合研究所)

3.「神経変性疾患脳における封入体形成とユビキチン関連蛋白」
若林 孝一(弘前大学医学部)

4.「久山町研究(前向きコホート疫学研究)における変性型認知症」
岩城 徹(九州大学大学院医学研究院)

5.「学習記憶を指標とした加齢による神経変性の解析」
齊藤 実(東京都神経科学総合研究所)

6.「大脳皮質発生における転写抑制蛋白RP58」  
岡戸 晴生(東京都神経科学総合研究所)

7.「神経変性疾患発症におけるp53癌抑制経路の役割」   
岡本 康司(国立がんセンター研究所)

8.「14-3-3 蛋白とユビキチンリガーゼEfpによる細胞周期制御機構」
浦野 友彦(東京大学医学部附属病院)

◇○◇問合せ先◇○◇○◇○◇○◇○◇○◇○◇○◇
〒183-8526
東京都府中市武蔵台2-6
(財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所 調査係
電 話 042-325-3881 内線4104
FAX 042-321-8678
E-mail chosa1@tmin.ac.jp
ホームページ http://tmin.ac.jp/