案の定、大騒ぎになっている米国におけるドイツBayer CropScience社の未承認GMコメ混入問題を横目に、英国ではドイツBASF Plant Science社が耐病性GMジャガイモの試験栽培を申請し、こちらも英国内に波紋を投げている。英国内でのGM作物試験栽培は、政府が実施したFSEs(農場規模評価)以後の2003年以来、一切行われていないからだ。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。