ゲノム創薬フォーラムキーテクノロジー2006が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ゲノム創薬フォーラムキーテクノロジー2006   


テーマ:ファーマコプロテオミクス・ケモゲノミクス
2006年9月19日(火)10:00~17:00
京都リサーチパーク

10:00-10:15
Opening Remark 野口 照久(ゲノム創薬フォーラム 代表)

10:15-10:55 
「バイオイメージングプローブの開発と生体への応用に関する研究」
長野 哲雄 (東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室 教授)

11:00-12:00
「NIH Chemical Genomics Center: Opening a New Door to Discovery」
Dr. Anton Simeonov (Chief NIH Chemical Genomics Center Senior Advisor to the Director for Translational Research National Human Genome Research Institute)
12:00-12:30
ランチョンセミナー (Dr. Victor Sementchenko・Affymetrix)
「Tiling Arrays: Applications and Data Analysis」

12:40-13:10
最新技術紹介(株式会社島津製作所 分析計測事業部 ライフサイエンス研究所 西根 勤)

13:10-14:30
展示ブース見学

14:30-15:10
「合成小分子化合物によるケミカルバイオロジー」
上杉 志成(京都大学化学研究所ケミカルバイオロジー研究室 教授)

15:10-15:50
「タンパク質の微量分析技術とその意義」
大川 克也(京都大学大学院医学研究科先端領域融合医学研究機構先端技術センター生体分子解析グループ 助教授・グループリーダー)

15:50-16:10 コーヒーブレイク

16:10-16:50
「ゲノム・ポストゲノム時代の創薬研究」
坂田 恒昭
(大阪大学サイバーメディアセンター 客員教授)

16:50-17:00 Closing Remark 辻本 豪三 (京都大学大学院薬学研究科 教授)

17:20-19:00 懇親会(懇親会費一律2000円)

ゲノム創薬フォーラム主催
共催
・21世紀COEプログラム「ゲノム科学の知的情報基盤・研究拠点形成」
・「魅力ある大学院教育」イニシアティブ「生命・化学情報に基づく融合創薬研究者養成」プログラム

問合先
参加申込みは事前に下記事務局までお申込みください。
キーテクノロジーは参加自由無料の講演会となっております。
懇親会費は、一律2000円となっております。

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-19-8 長谷工八丁堀ビル
TEL03-3523-9633 FAX03-3523-9631
ゲノム創薬フォーラ事務局 島田
E-mail:shimada@pharmadesign.co.jp http://www.genome.ne.jp/gdd/