志あるバイオ関連投資・事業関係者の教育プログラム(バイオフロンティアパートナーズ・Biotechnology Japan主催)、バイオファイナンスギルド(BFG)の第五期のバイオ実習が、2006年8月25日午前より、鶴岡市の慶應義塾大学先端生命科学研究所で始まった。
 今回の実習の目玉は、昨年よりパワーアップしたメタボローム実習。2種類の医薬品を実際に飲んで、体内の代謝産物を解析する。いわばマイクロドーシングの実習だ。今後の実習の進展は続報する。(宮田満@鶴岡)