第4回無細胞科学松山国際シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第4回 無細胞科学松山 国際シンポジウム
10月6日(金)開催
http://www.pim-sympo.jp/index.html

Protein Island Matsuyama International Symposium 2006
-The 4th Matsuyama International Symposium on Cell-Free Sciences-

 愛媛大学・遠藤教授が開発した,「コムギ胚芽無細胞タンパク質合成法」を中心としたシンポジウムも4回目となりました。
 今回は,国内外の感染症研究分野とメタボローム研究分野から第一線の先生方をお招きし、研究プロジェクトの現状と将来展望や無細胞技術導入から得た成果・経験などについて、発表・討論を予定しております。
 なお,本シンポジウムは,「プロテイン・アイランド・松山 国際シンポジウム2006」の専門家向けシンポジウムです。10月8日(日)には一般・企業向けセミナーも開催されますので,ホームページにて詳細をご確認ください。
 多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【日 時】平成18年10月6日(金)9:10~18:00
          (懇親会 18:30~20:30) 
【参加費】無料 (懇親会費は一般5.000円 学生2.000円)
【会 場】松山全日空ホテル(松山市一番町3-2-1)
【言 語】英語(同時通訳はありません)
【主 催】愛媛大学・愛媛県・松山市・松山商工会議所
【参加申込】下記ホームページにてお申し込みください。
【問合せ先】
  愛媛大学 無細胞生命科学工学研究センター事務室
  〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 
  TEL: 089-927-9686 FAX:089-927-8528

【プログラム/Program】
“Overview of the Conference” 
Yaeta Endo (Ehime University, Japan)

“Wheat Germ Cell-Free Eukaryotic Protein Production at the CESG” 
Dmitriy A. Vinarov 
(University of Wisconsin-Madison,USA)

“Applications of the Cell-Free Technology to Metabolic Engineering” 
Yuzuru Tozawa (Ehime University,Japan)

“From Genomics to Proteomics to protein function in the thermoacidophilic red microalga Galdieria sulphuraria” 
Andreas P. M. Weber (Michigan State University,USA)

“Metabolomics-based plant functional genomics highway” 
Kazuki Saito (Chiba University and RIKEN,Japan)

“New Strategies Targeting HIV.” 
Naoki Yamamoto 
(National Institute of Infectious Diseases,Japan)

“Sex specific control of RNA homeostasis in malaria parasites” 
Andy P. Waters 
(Leiden University Medical Centre,The Netherlands)

“Understanding Severe Malaria” 
Mats Wahlgren (Karolinska Institutet,Sweden)

“Wheat germ cell-free translation system: An application for the genome-wide screening of novel malaria vaccine candidates” 
Takafumi Tsuboi (Ehime University,Japan)

“Clinical development of the SE36 malaria vaccine targeting the Achilles heel antigen of Plasmodium falciparum” 
Toshihiro Horii (Osaka University,Japan)


[Date]  October 6th (Friday) 2006 9:10-18:00
             (Banquet 18:30-20:30)
[Venue] ANA Hotel Matsuyama
    (3-2-1 Ichiban-cho,Matsuyama-shi,Ehime,Japan)
[Fee]  Admission free.  
   Banquet fee: 5000JPY (student rate: 2000JPY)
[Language]  English only
[Registration]  Please visit our web site and contact us
[Inquires]
  Cell-Free Science and Technology Research Center
  Ehime University
  TEL: +81-89-927-9688 FAX: +81-89-927-8528
  E-mail: pim@pim-sympo.jp