2006年7月25日、米国カリフォルニア州で開催されたthe American Agricultural Economics Association(アメリカ農業経済学協会)年次大会で、米国Cornell大学の研究者から、Btワタを栽培する中国の農家が、標的外害虫に対する農薬コストの増加と高価な種子価格により、Btワタ導入により当初得られていた経済的メリットを失いつつあるという調査結果が発表された。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。