親しい農薬関係者からこの半年ほど、「農薬散布の周辺住民への影響について、海外で今、大きな動きが出てきているから要注意だよ」と言われ続けてきた。英国の環境食料農村省(Department for Environment&s_comma; Food and Rural Affairs=DEFRA)が7月20日、極めて重要な情報を公表したので紹介しておきたい。今後、日本の農薬政策や反対運動にもじわじわと影響が出てくるはずだ。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。