ICSB2006 RIKEN RTK Systems Biology Training Courseが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ICSB2006 RIKEN RTK Systems Biology Training Course 開催のお知らせ

■主 催 : 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター(GSC)

■日 時 : 2006年10月12日(木)-13日(金)

■場 所 : 産総研 臨海副都心センター 別館
     (バイオ・IT融合研究棟)
    〒135-0064 東京都江東区青海2-42
    http://www.cbrc.jp/cbrc/map/index.ja.html


■開催目的:

システムバイオロジーは、ポストゲノム時代の遺伝子機能解析や、生物システム理解のために必要な生物学分野の一つになりつつあります。今回、細胞内情報伝達およびシステムバイオロジー分野で著名な国内外研究者を講師として招き、細胞内情報伝達系を対象とした、システムバイオロジー入門研究者向けのトレーニングコース(ICSB2006 理研RTKシステムバイオロジートレーニングコース)の開催を行うことといたしました。細胞内情報伝達系に興味のある情報・物理学・理論研究者、およびシステムバイオロジーに興味のある生物学研究者の参加をお待ちしています。


■主な口頭発表予定者:

Yoko Fujita-Yamaguchi (Tokai Univ. Japan)
Steven Wiley (Pacific Northwest National Laboratory USA)
John Quackenbush (Harvard Univ. USA)
Alexander Sorkin (UCHSC USA)
Boris Kholodenko (Thomas Jefferson Univ. USA)
Reinhart Heinrich (Humboldt Univ. Germany)
Yasushi Sako (Osaka Univ. Japan)
Blagoy Blagoev (Univ. of Southern Denmark DK)
James R. Faeder (Los Alamos National Laboratory USA)


■参加費:

無料(但し、席に限りがありますので、
下記ウェブサイトから事前参加登録をお願いします)
http://csb.gsc.riken.jp/


■連絡先:

〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-22 
理化学研究所横浜研究所 GSC
システム情報生物学研究グループ 
E-mail: office-rtk2006@gsc.riken.jp
TEL: 045-503-9302 FAX: 045-503-9613