世界に羽ばたくバイオキャリアの機会と経験を提供するBIOCAMP2006 in Japan(主催、ノバルティス ファーマ、ノバルティス科学振興財団)が、2006年7月23日午前8時45分から、東京六本木ヒルズのアカデミーヒルズ会議室で始まった。
 BTJなどを通じて募集した多数の応募者の中から厳選された19人が、4つのグループに分かれ、ビジネスプラン作成を競う。慶應ビジネススクールやBTJ、英語によるプレゼンの専門家などから、バイオテクノロジーによるベンチャー創業のビジネスモデルと国際競争に耐えられるプレゼンを指導される。
 同時に、06年10月にシンガポールで開催される国際BIOCAMP2006に派遣する日本代表2名を選考する。識見、人間力、そしてリーダーシップが、選考の鍵となる。
 2日間にわたり、ケースプランニングと講演を行い、明日、夕方に最優秀ビジネスプランと日本代表の発表が決定する。(宮田満)


写真は、ノバルティス科学振興財団金子章道理事長


+ベンチャー+人材、++