第19回日本Archaea研究会講演会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第19回日本Archaea研究会講演会のご案内


日時: 平成18年8月2日(水)、3日(木)
会場: 九州大学 病院地区 コラボステーションI 2階講堂(懇親会:総合研究棟1階 Science Cafe)
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1

講演会参加費:4000円(学生2000円)  懇親会参加費:4000円(学生3000円)


プログラム


8月2日(水)

13:00-13:10 開会挨拶(幹事)

13:10-14:10
1 「超好熱始原菌に由来する新規Branching Enzymeの同定」
○金井 保1、村上 平1、高田洋樹2、栗木 隆2、今中忠行1
(1京大・院工、2江崎グリコ・生化研)

2 「超好熱始原菌由来 低温誘導型RNAヘリカーゼに関する研究」
○福田青郎1、島田陽子2、赤田庸平2、吉田正也2、東端啓貴1、田中丈士2、今中忠行3、藤原伸介12
(1関西学院大院・理工・ナノバイオテクノロジー研究開発センター、2関西学院大院・理工・生命科学、3京都大院・工・合成・生物化学)

3 「Thermococcus kodakaraensisにおいてリブロースモノリン酸経路の鍵酵素はリボース 5-リン酸生合成に必須である」
○折田和泉1、佐藤喬章2、由里本博也1、加藤暢夫3、跡見晴幸2、今中忠行2、阪井康能1
(1京大院農・応用生命、2京大院工・合成生化、3京都学園)

14:10-15:10
4 「Type III Rubiscoの生理的役割に関する研究」
○跡見晴幸、佐藤喬章、今中忠行
(京大・院工)

5 「超好熱アーケアAeropyrum pernix K1由来5’-deoxy-5’-methylthioadenosinephosphorylase (MTAP)の機能解析」
○清水泰博1、吉田晴美2、郷田秀一郎3、櫻庭春彦2、柊弓絃4、大島敏久5
(1九大院・生資環・遺資工、2徳大院・ソシオテクノサイエンス、3長崎大・工・応化、4関西医大・物理、5九大院・農院・遺資工)

6 「超好熱始原菌由来耐熱性cis型プレニルトランスフェラーゼの変性溶媒下での反応特性」
○山田洋輔1、東端啓貴4、馬場健史2、小林昭雄2、福崎英一郎2、今中忠行3、藤原伸介14
(1関西学院大院・理工・生命科学、2阪大院・工・応用生物、3京大院・工・合成生化、4関西学院大院・ナノバイオテクノロジー研究開発センター)

15:10-15:30 休憩

15:30-16:30
7 「超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidus由来ゲラニルゲラニルレダクターゼ」
○村上真通1、邊見 久1、渋谷恭平2、中山 亨2、西野徳三2、吉村 徹1
(1名古屋大学大学院生命農学研究科、2東北大学大学院工学研究科)

8 「Study of an enzyme in etherlipid biosynthesis of an acidothermophilic archaeon」
○Narayan Roy N. Nemoto and Akihiko Yamagishi
(Tokyo University of Pharmacy and Life science)

9 「好熱性Archaeaの増殖段階による膜構成脂質の変動とその多様性」
○須貝昭彦1、宇田郁子1、松野靖彦2、東端啓貴3、今中忠行4、藤原伸介2、伊藤佑子5、伊藤俊洋1
(1北里大・一般教育、2関西学院大・理工、3東洋大学・生命科学、4京大院・工、5創価大・工)

16:30-17:10
10 「メタン生成古細菌のMonoglucosylarchaeol synthaseの基質特異性とテトラエーテル型糖脂質の生合成」
○森井宏幸、古賀洋介
(産業医科大学・医学部・生体物質化学)

11 「メタン生成古細菌Methanosarcina mazeiのdisaggregatase遺伝子の解析」
○大澄直樹1、梯 悦宏2、松本志保3、長岡一成4、酒井淳一5、宮下清貴6、木村眞人1、浅川 晋1
(1名大院生命農、2武田キリン食品(株)、3東大院医、4中央農研、5東北農研、6農環研)

17:10-17:40
12S 「Archaeaによる嫌気メタン酸化」
○嶋 盛吾
(Max-Planck-Institute for Terrestrial Microbiology)

17:40-18:00 総会

18:00-20:00 懇親会

8月3日(木)

9:30-10:10
13 「DNAリガーゼ-PCNA 相互作用の分子機構~アーキア分子からの発見」
○清成信一、石野良純
(九大・院農)

14 「P. furiosus 細胞中のDNAポリメラーゼ活性分画と性質比較」
石野園子1、當利和夫2、木水めぐみ2、○石野良純2
(1阪大・微研、2九大・院農)

10:10-10:50
15 「超好熱始原菌のシャペロン遺伝子群の培養温度依存発現誘導機構」
○安藝良平1、団野篤史1、吉田正也1、東端啓貴2、福田青郎2、今中忠行3、藤原伸介12
(1関西学院大院・理工・生命科学、2関西学院大院・ナノバイオテクノロジー研究開発センター、3京大院・工・合成生化)

16 「Halobacterium salinarumの凝集体形成への糖タンパク質合成阻害剤及び、メバロン酸代謝産物の影響」
○劉 輝1、川上和孝2、中山 匡1
(1大阪教育大教育学部、2大阪市立大学大学院理学研究科)

10:50-11:10 休憩

11:10-12:10
17 「Vulcanisaeta属及び関連属のrad A遺伝子に基づく系統学的関係について」
吉川直人12、高品知典2、○伊藤 隆1
(1理研BRC-JCM、2東洋大・院・生命科学)

18 「深海底熱水活動域の堆積物中に生息する未培養Archaeaの分布」
○布浦拓郎1、笈田花子1、高井 研1、稲垣史生1、平山仙子1、中島美和子2、石橋純一郎2、小坂紋子3、大久保智3、角皆 潤3・中村光一4、木下正高5、掘越弘毅1
(1独・海洋研究開発機構・極限環境生物圏研究センター、2九州大・理、3北海道大・理、4独・産業総合技術研究所・地質情報、5独・海洋研究開発機構・地球内部変動研究センター)

19 「真正細菌祖先型及び古細菌祖先型NDKの全合成とその性質」
○木村光夫12、渡辺敬子1、清水秀明1、横堀伸一1、山岸明彦1
(1東京薬科大学・生命科学研究科・生命科学専攻、2東京大学・理学系研究科・地球惑星科学専攻)

12:10-12:40
20S 「全生物の共通の祖先を巡る諸問題」
○山岸明彦
(東京薬科・生命科学研究科)

12:40-12:50 閉会挨拶(幹事)


問い合わせ先:
独立行政法人理化学研究所 バイオリソースセンター微生物材料開発室 伊藤 隆
 E-mail:ito@jcm.riken.jp; TEL: 048-467-8440
創価大学工学部 環境共生工学科 黒沢則夫
 E-mail:kurosawa@t.soka.ac.jp; TEL: 042-691-8175

会場関連問い合わせ先:
九州大学大学院農学研究科 遺伝子資源工学部門 石野良純
 ishino@agr.kyushu-u.ac.jp; TEL: 092-642-4217