恥ずかしいことに生まれて初めて、他人を怒鳴りつけた。前々回前回と紹介した例の遺伝子組み換え毒性試験研究者の講演会。つくば市でも9日にあったのだが、主催した市民団体が会場からの質問を「時間がない」と封じようとしたので、「こんなにウソばかりの講演会で、質問させないなんておかしい」と叫んでしまった。あれほど偏った情報提供を市民団体が確信犯的にするとは、未だに信じられない。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。