昨日に引き続き、ロシアのIrina Ermakova博士が行った妊娠ラットおよび仔ラットに対するGMダイズ飼養実験に使用した飼料について、博士の講演会と書かれた資料から検証を試みる。しかし、論理性と整合性を欠くとしか思えない場当たり的な博士の発言と既に書かれていることとの矛盾、開示されてない情報に筆者は当惑する。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。