CBI 2006年大会 Integration of Chem-Bio-Pharma Informatics for Rational Drug Development and e-ADMETが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


CBI 2006年大会(7月24日-26日)


CBI 2006年大会 Integration of Chem-Bio-Pharma Informatics for Rational Drug Development and e-ADMET


会期:2006年7月24日(月)-26日(水)
場所:こまばエミナース(東京)
URL : http://www.cbi.or.jp/cbi/taikai/Taikai.2006.07.24-26/top.html


本年のCBI学会の大会は、創薬を支援する情報計算技法の現状、とくにeADME/Toxの現状を把握することをめざしています。2000年以後、乳がんやMetabolic Syndromeの治療標的とし活発に研究がなされている核内受容体が薬物代謝酵素を誘導することが発見され、医薬品開発における核内受容体の重要性が再認識されています。今回の招待講演者のRuben Abagyan博士やSean Ekins博士は、こうした分野で精力的な研究をされています。この他にも、将来を視野に入れた招待講演者、一般投稿より選抜された口頭発表者の講演が予定されています。また、企業展示も充実した企画になっています。ぜひご参加ください。

--------------------------------------------------
7月24日(月)
午前 受付開始
新企画セッション
<課題 A>
提案:楠原 洋之(東京大学大学院)
回答:加藤 基浩(中外製薬(株))
<課題 B>
提案:一石 英一郎(東北大学)
回答:美宅 成樹(名古屋大学)
回答:小西 智一(秋田県立大学)
<課題 C>
提案:鶴岡 誠(東京工科大学)
<課題 D>
提案:森 義裕(岡山理科大学)

開会
CBI学会からのお知らせ
昼食 ランチョンセミナー:アドバンスソフト社

午後 開会挨拶
領域セッション 1 (分野 1 & 2)
<基調講演 & 招待講演>
北浦 和夫 (AIST)
Quantum Chemical Calculations of Binding Energy between Protein and Ligand
座長:中野 達也(国立医薬品食品衛生研究所)
冨本 昌樹 (SGX Pharmaceuticals Inc.)
Fragment-based Drug Discovery: Concept and Example
座長:高岡 雄司(大正製薬(株))
Ruben Abagyan(The Scripps Research Institute)
Computational Structural Proteomics and Drug Discovery
座長:竹田-志鷹 真由子(北里大学)

ポスター口頭発表 (6名 x 5分)
ポスター発表: 討論時間(奇数番号)

--------------------------------------------------
7月25日(火)
午前 大会テーマ講演 1 (Wet study of ADMET)
<基調講演 & 招待講演>
Svein Oie (ジョージア大学)
Optimizing use of Pharmacokinetics and Toxicokinetics in Drug Discovery
座長:水間 俊(東京薬科大学)
橋田 充 (京都大学)
Development of DDS: Analysis and Control of Drug Disposition in the Body
座長:堀江 利治(千葉大学)
小野 敦 (医薬基盤研究所)
Current topics of toxicogenomics - Challenges on issues in Toxicogenomics Project -
座長:広瀬 明彦(国立医薬品食品衛生研究所)

昼食 ランチョンセミナー:富士通(株)

午後 領域セッション 2 (分野 3 & 4)
<基調講演 & 招待講演>
Kyoung Tai No (延世大学)
Introduction of Integrated e-Drug Discovery System Lead Explore
座長:小長谷 昭彦(理化学研究所)
金谷 重彦 (奈良先端科学技術大学院大学)
KNApSAcK:Secondary metabolite database related between metabolites and species
座長:小長谷 昭彦(理化学研究所)
吉川 澄美(理研GSC)
Pharmaco-Ontology and its Roles
座長:小長谷 昭彦(理化学研究所)

ポスター口頭発表 (6名 x 5分)
ポスター発表: 討論時間(偶数番号)
ポスター賞発表

--------------------------------------------------
7月26日(水)
午前 大会テーマ講演 2 (Drug study of ADMET)
<基調講演 & 招待講演>
Sean Ekins(Arizona Commodity Traders LLC)
Combining Quantitative Structure Activity Relationships and Systems Biology Approaches for in silico ADME/Tox
座長:岡崎 康司(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター)
Edward H. Kerns (Wyeth Res.)
Current Strategies for ADMET Integration to Enhance Efficiency and Quality in Drug Discovery
座長:山下 富義(京都大学)
前田 和哉 (東京大学)
In silico database simulation and prediction for the optimization of pharmacokinetic properties of drug candidates
座長:水間 俊(東京薬科大学)

昼食 ランチョンセミナー: セレップジャパン

午後 領域セッション 3 (分野 6 & 7)
<基調講演 & 招待講演>
高野 明彦 (国立情報学研究所)
Information Access based on Association
(連想に基づく情報アクセス技術)
座長:原田 義則(日立製作所)
小池 麻子 ((株)日立製作所中央研究所)
Biomedical text mining: state of the art and future direction
座長:原田 義則(日立製作所)
吉田 輝彦(国立がんセンター研究所)
Cancer Genomics: Chip SNP Database
座長:田中 博(東京医科歯科大学)
塩田 邦郎 (東京大学)
Application of Epigenetics on Development of Drugs
座長:河合 隆利(エーザイ(株))

閉会の挨拶