日経バイオテク2006年7月3日号を発行しました。今号のバイオ・インテリジェンスは、厚生労働省の「未承認薬使用問題検討会議」と「治験のあり方に関する検討会」に関するリポートです。ともに始まって1年がたち、これまでの実績と今後の課題が明確になったので、現状をまとめました。

 ワールドトレンドでは、欧州連合(EU)の次期研究開発計画を紹介しました。欧州では、トランスレーショナル研究の促進とバイオ企業の競争力強化を掲げ、資金的支援と人材育成を政策的に推し進めることになります。イン・ザ・マーケットでは、年初に比べて大きく株価を下げていたトランスジェニックとそーせいの株価が大きく回復したという話題を紹介しています。詳細は、日経バイオテク7月3日号でお読みください。(日経バイオテク編集長、橋本宗明)

 日経バイオテクと日経バイオテクビジネスレビューのお申し込みは、こちらをご覧ください。