今年1月に米国牛肉の輸入が再停止してから、早半年。再々開を控えて、「米国における輸入牛肉のBSE検査内容の強化に関する要望」「日本における輸入検疫体制の強化について」「米国における監査体制について」などを議論するリスクコミュニケーションが、全国各地で始まった。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。