米国Monsanto社、スイスSyngenta社に続きドイツBASF Plant Science社も、オーストラリアにおいてGMコムギ開発に参入した。一方、米国ではバイテクの巨人たちの咆吼をよそに、製薬イネ開発を目論むベンチャー企業Ventria Bioscience社の彷徨が続く。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。