厚生労働省と農林水産省が審議している「原料原産地表示」について、対象としてさらに追加すべき品目が検討された。追加の要望が多かった品目は、のり、緑茶飲料、コンブ加工品、果実飲料、豆腐、納豆など。これが実現すれば、「納豆(米国産)」や「お茶(中国産)」も店頭に並ぶことになるのか・・・

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。