厚生労働省の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品調査部会で、ダイズイソフラボンを含む食品について、1日当たりの摂取目安量や表示事項を定める指針がまとまった。特定保健用食品(トクホ)のほか、「いわゆる健康食品」も対象とし、ダイズイソフラボンアグリコンの1日当たりの摂取量が30?を超えないように設定。摂取する上での注意事項を表示するよう事業者に求める。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。