昨日、5月29日から残留農薬ポジティブリスト制度が施行された。施行直前には全国各地で事業者、消費者、関係者を交えての意見交換会(リスクコミュニケーション)が行われたが、東京でも先週、突入直前の意見公開が開催された。焦点はやはり、保証書や行政措置と公表の問題。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。