原子力委員会は、食品照射問題ついて調査審議を継続中だが、このほど初めて広く意見を聴く会を開催。事業者からは、流通過程で痛みやすい食品への放射線技術活用を求める声が相次ぐ一方、消費者側からは照射された輸入品への懸念が述べられた。食の安全・安心の議論の項目がまた1つ増えた格好だ。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。