2006年1月31日の一般教書演説で、Bush米大統領はトウモロコシをはじめとするバイオエタノール製造技術の開発を推進し、中東からの石油輸入量を25年までに75%削減したいと述べた。今週は、拍車がかかったバイオ燃料への切り換えが、米国の食糧生産部門にどう影響するのかという関心に基づく記事の紹介である。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。