***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学遺伝子実験施設テクニカルセミナーのご案内

アプライドバイオシステムズ社:リアルタイムPCRセミナー
「リアルタイムPCRの基礎メカニズムと遺伝子解析手法の紹介」

日時:平成18年5月26日(金) 15:00~17:30
場所:東京大学本郷キャンパス 理学部旧1号館4階450号室
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_08_j.html)

<第一部>(約70分)
?リアルタイムPCRの基本的メカニズムと応用例
・ 定量原理
・ 正確な測定を可能とするメカニズム
・ 応用例の紹介

?リアルタイムPCRを行う際の留意点
a)プライマー・プローブ設計の重要性
・実験系の構築やゲノムDNAの混入を回避する設計
・スプライシングバリアントに着目した遺伝子発現解析
b)遺伝子発現解析における内在性コントロールの選択の重要性

?ΔΔCT法の紹介
検量線を用いない相対定量方法

?新規アプリケーション、新試薬紹介
・ TaqMan Low Density Array
~リアルタイムPCRを用いたカスタムアレイの紹介~
・ FastリアルタイムPCR
~40分以内での検出を可能とする最新システムの紹介~
・ Micro RNAの発現解析
~今日までは困難であったMature型 miRNA の効果的な検出方法の紹介~
その他のトピックス
・SNPタイピング
・CNP(Copy Number Polymorphisms)の解析方法
・Allele特異的な遺伝子発現比率の解析


<第二部>(約60分)
機器操作概要説明(新たに始められる方対象)

------------------------
参加希望の方は下記までご連絡の上、当日会場までお越し下さい。



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。