今月末の残留農薬ポジティブリスト制度の導入を目前に、厚生労働省が主となり、農林水産省・食品安全委員会とともに、都内会場で意見交換会を開催。生産、流通、消費者のフードチェーンにかかわる関係者がパネルディスカッションを行い、新制度の円滑な導入に理解を求めた。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。