農林水産省やJA全農などが生産者に配布している資料に、どうしても引っ掛かる部分がある。より多くの作物に適用のある農薬を使うように勧める一文があるのだ。これでは、新規開発された農薬は使われにくい。生産者がドリフトによって被るリスクは減るだろうが、より安全性の高い優れた農薬の開発を止めることにもなりかねない。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。