最近のGMOワールドがEUと北米に偏重していることは、筆者も少し気にしている。実際にこの両地域で重要な動きがあることは間違いないのだが、アジア・アフリカなどが無風状態という訳でもない。偶々先週、「中国とインドにおけるバイオセーフティ規則のコストと施行」という比較論考を目にしたので、この要約を読んでみたい。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。