東京大学 大学院農学生命科学研究科 植物医科学寄付講座 設立記念シンポジウム「植物医科学と環境保全型農業」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


東京大学 大学院農学生命科学研究科
植物医科学寄付講座 設立記念シンポジウム「植物医科学と環境保全型農業」の開催

地球上で毎年8億人分の食糧が作物の病気により失われています。一方、野菜工場など超集約的な農業が成長し、家庭園芸を楽しむ人口も増加しています。このため、病気の診断・治療・予防を担う「植物病院」の設立が期待されています。今春「植物医師」養成や「植物病院」ネットワーク構築に向け「植物医科学寄付講座」が(株)池田理化の寄付により設置されました。本シンポジウムでは、人口問題、環境問題、食糧問題など地球規模の問題に深く関わる「植物病」の解決に視点を置き、そこから見えてくる環境保全型農業を推進するにはどのようにしたらよいか、植物医科学の果たす役割を皆さんと共に考えてみたいと思います。多数の方々のご来場をお待ちしております。

日  時:2006年5月24日(水)午後1時30分~午後5時

場  所:東京大学農学部弥生講堂(弥生キャンパス;東京都文京区弥生1-1-1)

プログラム:

開会挨拶/會田勝美(東京大学大学院農学生命科学研究科長)

基調講演/植物医師の養成と植物病院の設立に向けて
難波成任(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

特別講演/植物病理学と環境保全型農業
陶山一雄(東京農業大学 理事・教授)

挨  拶/研究科との出会いと講座寄付に至るまで
木崎民生((株)池田理化 社長)

パネルディスカッション/環境保全型農業の推進と植物医科学の役割

コーディネータ
根本圭介(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

パネリスト
小川 奎(農業・食品産業技術総合研究機構 理事)

生源寺眞一(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

杉山信男(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

田付貞洋(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

西尾 健(農林水産省 農林水産政策研究所長)

松島義幸(キリンアグリバイオカンパニー 社長、JFMA副会長)

参加費 :無料

詳細はホームページをご覧下さい。
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/kinenshinpo.html


連絡先:〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻事務
TEL:03-5841-5040 FAX:03-5841-8168