5月29日の施行を目前に控えたポジティブリスト制度について、農林水産省消費・安全局農薬対策室が、食品流通・加工業者などの食品事業者を対象に意見交換会(リスクコミュニケーション)を実施した。加工食品については「原材料が不適格であればバツだが、既存の加工食品は、加工工程や残留量を勘案して、処分の対象となるか判断する」と厚生労働省が回答した。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。