第263回CBI学会研究講演会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第263回CBI学会研究講演会
「エピジェネティクス:疾患と創薬の視点から」


開催趣旨:ゲノムあるいはポストゲノム時代においては、いわゆるオミックスに代表される網羅的な探索技法が注目されている。ゲノムの研究成果とそれに随伴する網羅的な技法は、すでに疾患や創薬へと応用され始めている。エピジェネティクスEpigenetics研究は、そうした流れとは相補的な性格を有している。エピジェネティクスとして昔から知れていたのはDNAのメチル化であり、それに続くのが Histon code 仮説とも呼ばれているヒストンの修飾であり、最近注目されているのが、non coding RNAである。この講演会では、これら3つの研究分野の現状を、とくに疾患や創薬の視点から理解することを目的に企画された。総論と各論、実験と計算からのアプローチという多角的な視点から、講師の先生方をお願いした。幅広い研究者の参加を期待する。


日時:2006年4月21日(金)13:15-17:30
場所:日本化学会 化学会館7Fホール
東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分)

世話人:神沼二眞(東京医科歯科大学)、上林正巳(産業技術総合研究所)

プログラム

1.13:15-14:15
「創薬のためのエピジェネティクス:薬物標的探索から安全性評価まで」

塩田邦郎(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

2. 14:15-15:15
「DNAメチル化異常とヒト疾患」

牛島俊和(国立がんセンター研究所 発がん研究部)

15:15-15:30 休憩

3.15:30-16:30
「免疫系の多様性獲得機構-エピジェネティクスでどこまでわかったか?-」

生田宏一(京都大学 ウイルス研究所生体応答学研究部門)

4.16:30-17:30
「近年のゲノム・トランスクリプトーム解析から判明した
哺乳動物の内在性アンチセンスRNAの特徴」

清澤秀孔( (独)理化学研究所 筑波研究所バイオリソースセンター)

講演会参加費:
法人賛助会員: 無料
個人会員(非営利):無料
個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000
ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jpに連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462
E-mail:seminar@cbi.or.jp
http://www.cbi.or.jp/