2006年4月5日と6日の2日間にわたり、欧州委員会と現大統領職にあるオーストリアの共催により、「遺伝子組み換えと慣行および有機農産物の共存-選択の自由」と題された会議が開催され、共存問題を論ずるためEU加盟25カ国がウィーンに集結した。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。