第4回RCGMフロンティアシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ホルモンとゲノム医学国際会議
http://www.saitama-med.ac.jp/genome/RCGMsymposium2006/

埼玉医科大学ゲノム医学研究センターでは第4回RCGMフロンティアシンポジウムを2006年5月23日から24日までの2日間、埼玉医科大学日高キャンパスと川越クリニックにて開催致します。

多くの方々の御来場をお待ちしております。

開催日時:2006年5月23日(火) 13:00~18:00 24日(水) 10:00~17:30 (懇親会17:45~)

開催場所:

23日(火) 埼玉医科大学日高キャンパス 創立30周年記念講堂
東武越生線 『武州長瀬駅』よりタクシー5分
24日(水) 埼玉医科大学かわごえクリニック
『JR川越駅』『東武川越駅』西口 下車徒歩3分
参加費:無料 (懇親会費 一般5000円、学生2000円)
24日(火)は事前申し込み制です。

参加登録申し込みは E-mail:rcgm2006@saitama-med.ac.jp 又は、Fax:042-985-7347にて受付致します。
24日のシンポジウム終了後、懇親会を行います。奮ってご参加下さい。懇親会会場 ラ・ボア・ラクテ
参加費 一般 5000円、学生 2000円

プログラム

5月23日 日高キャンパス 創立30周年記念講堂
ゲノム医学研究センターで行っている研究内容について各部門長が講演します。
岡崎 康司(ゲノム科学部門)
“Gene regulatory network of PPARs and metabolic syndrome”
黒川 理樹(遺伝子構造機能部門)
“Epigenetic regulation and gene expression”
井上 聡(遺伝子情報制御部門)
“TRIM/RBCC Family Proteins in Cancer and Antiviral Defense”
奥田 晶彦(発生・分化・再生部門)
“Role of Sox2 in developing brain”
三谷 幸之介(遺伝子治療部門)
“Application of gene targeting with viral vector for gene therapy and stem cell research”
片桐 岳信(病態生理部門)
“Bone formation controlled by BMPs”
竹内 勤 (プロジェクト部門)
“Molecular characterization and targeted intervention of the human autoimmune diseases”
その他、各部門の研究員によるポスター発表を予定しています。

5月24日 埼玉医科大学かわごえクリニック

村松 正實 埼玉医科大学ゲノム医学研究センター所長
“ゲノム医学研究センターの現状と展望”
萩原 弘一 (埼玉医科大学)
“homozygosity fingerprinting法による肺胞微石症責任遺伝子の同定と,同手法の多因子疾患への応用”
《招待講演》

五十嵐 和彦 (東北大学大学院医学系研究科)
“Regulation of p53 function by the Bach1 complex”

濱田 博司 (大阪大学大学院生命機能研究科)
“Origin of body axes in the mouse embryo”

Greg Barsh (Department of Genetics Stanford University)
“Genetics and genomics of mammalian color variation”

Paul M. Yen (Johns Hopkins University School of Medicine)
“Thyroid hormone induction of co-activators recruitment and histone acetylation on positively- and negatively-regulated genes.”

Roland Schule (Research Center for Clinical Research University of Freiburg)
“Androgen receptor function in prostate cancer is controlled by histone modifications.”

この他、ランチョンセミナー(12:00~12:40)を予定しています。
エーエムアール株式会社 “プロテオーム解析の最新技術応用セミナー”


お問い合わせ
第4回RCGMフロンティアシンポジウム事務局
〒350-1241 日高市山根1397-1埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター
TEL:042-985-7343 FAX:042-985-7347
E-mail: rcgm2006@saitama-med.ac.jp まで。