輸入される農産食品に対して検疫所が実施する「モニタリング検査」の2006年度の計画が、明らかとなった。対象農薬数はなんと448。これまでの倍以上である。これは果たして実効力を持つのか。検疫所の職員の苦労は、いかばかりだろうか。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。