2006年3月13日から17日 まで、ブラジルのクリチィバにおいて開催されたカルタヘナ議定書第3回締約国会議(COP/MOP-3)が終了した。例の通り16日は徹夜の討議となるなど七転八倒の末、懸案の第18条2項はどうやら条件付き合意に達したらしいが、本稿執筆時点では、公式のログはもとより有力各紙による報道もまだあがってはいない。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。