厚生労働省と農林水産省が共同で、残留農薬ポジティブリスト制度導入に伴う生産現場での対応に関する意見交換会(リスクコミュニケーション)を実施。原材料を輸入して加工する食品メーカーの不安、最終製品に問題がなくても原材料が基準値を超えた場合の判断など、加工食品への問題がクローズアップされた。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。