食品安全委員会の新開発食品専門調査会でとりまとめられたダイズイソフラボンを含む特定保健用食品のリスク評価に続いて、関係者が集まり意見交換会(リスクコミュニケーション)が実施された。消費者側からは「通常のダイズ製品は大丈夫か」との不安があがった。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。