***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学医科学研究所-パスツール研究所合同国際シンポジウム
「100年におよぶ感染症の恐怖との戦い」
IMSUT-Pasteur Institute Joint International Symposium
--Battling Infectious Diseases: the threat 100 years on--

開催日: 2006年 4月18日(火)
場所: 東京大学医科学研究所 講堂
(地下鉄南北線白金台駅下車)
主催: 東京大学医科学研究所、パスツール研究所、日本パスツール協会
後援: 笹川日仏財団

共に100年以上の歴史を有する世界トップクラスの感染症研究拠点である東京大学医科学研究所とフランスのパスツール研究所の 研究者が一堂に会し開催するシンポジウム。世界中が新興・再興感染症の脅威にさらされているこの時期、本シンポジウムでは、 感染症の実態や感染症に対する生体防御機構等について討論する。さらに昨年9月に就任したパスツール研究所の Alice Dautry新所長によるキーノートスピーチを予定している。
使用言語は英語。参加無料、事前登録の必要はありません。
ご自由にご参加ください。

スピーカー演題などの詳細については下記をご参照下さい。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Event/symposium060418-j.htm

お問い合わせ先: LOCUS@ims.u-tokyo.ac.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。