2006年2月28日、農林水産政策研究所の定例研究会において主任研究官立川雅司氏の「アメリカにおけるGMO関連政策をめぐる最近の動向?規制、援助、地方政府」という講演 が行われた。この中で言及されている米国の連邦政府、州政府、地方自治体のGMO規制を巡る「ねじれ現象」は、筆者も一度整理しておきたいと考えていたので、これを機会にまとめておく。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。