麹菌ゲノムシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


麹菌ゲノムシンポジウム
~国菌としての麹菌、その故きを温ねて新しきを知る~


開催日時:平成18年6月9日(金)10:00~16:40
場所  :東京大学農学部 弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1)
参加費 :無料
主催  :糸状菌遺伝子研究会


プログラム:
基調講演
10:00 「国菌・麹菌」
(糸状菌遺伝子研究会会長 一島 英治)


麹菌のゲノム解析を終えて
10:40 「麹菌EST解析の成果と意義」
((独)酒類総合研究所 赤尾 健)

11:00 「麹菌ゲノムの特徴」
((独)産業技術総合研究所 町田 雅之)


麹菌利用産業の今昔と未来(?)
11:25 「種麹と麹菌の今昔」
((株)ビオック 和久 豊)

11:45 「麹菌ゲノムはアトキンソンの再来か?」
((独)酒類総合研究所 岩下 和裕)

12:05-13:00 昼  食


麹菌利用産業の今昔と未来(?)
13:00 「ゲノム解析情報を利用した
醤油用麹菌育種の可能性について」
((株)キッコーマン 畑本 修)

13:20 「固体培養からみた麹菌の産業利用
? 今までとこれから」
((株)フジワラテクノアート 狩山 昌弘)

13:40 「麹菌の酵素をもっと活用する!
酵素生産メカニズムの解析と有用酵素の探索」
((株)月桂冠 秦 洋二)

14:00-15:00 休 憩(麹菌に関する展示・ビデオ上映)


麹菌ゲノム科学の現状と展望
15:00 「ゲノム情報から麹菌の細胞システムを理解する」
(東京大学大学院農学生命科学研究科 北本 勝ひこ)

15:20 「麹菌プロテオームの解析」
(東京農工大学応用生物科学科 竹内 道雄)

15:40 「麹菌のマイクロアレイを用いた
遺伝子の発現プロファイル解析」
(東北大学大学院農学研究科 五味 勝也)

16:00 「麹菌ゲノム科学からの新産業の展望」
(東北大学大学院農学研究科 阿部 敬悦)


特別講演
16:20 「高峰譲吉博士の麹学から」
(日本醸造学会会長 秋山 裕一)

※当日17時より懇親会を行います。

問い合わせ先:独立行政法人酒類総合研究所・坂本和俊
電話 082-420-0824
E-mail info@fungi.mysterious.jp
ホームページ http://fungi.mysterious.jp/MAIN-J.html