第1回ゲノム情報活用のための標準化研究会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第1回 ゲノム情報活用のための標準化研究会開催

この度、特定非営利活動法人オーダーメイド医療を考える会の事業活動の一環としまして3月22日(水)16時より『ゲノム情報活用のための標準化研究会』を別紙のとおり開催させて頂く運びとなりました。

本研究会はヒトゲノム情報を基にしたさまざまな研究分野で研究に携わる皆様を中心に、ヒトゲノム情報が今後どのように標準化されていくべきかをテーマに、現状報告及び研究者間の意見交換、交流の場を設けることを目的としています。

皆様方の多数のご参加を心よりお待ちしております。なお、参加要領につきましては下記概要にてご確認の程、よろしくお願い致します。


<第1回> ゲノム情報活用のための標準化研究会開催概要


主 催 :特定非営利活動法人オーダーメイド医療を考える会
開催日 : 平成18年3月22日
時 間 : (受 付)15:00~
(講演会)16:00~17:55
(懇談会)18:05~19:30
場 所 : 八芳園(本館1F 「アルブル」)
〒108-8631 東京都港区白金台1-1-1
TEL 03-3449-3331
(交通)東京メトロ南北線・都営三田線白金台駅2番出口


(プログラム)
講  演 :
16:10~16:55 (講演30分,質疑15分)
演題『遺伝子発現解析の標準化』
東京大学医科学研究所
研究拠点形成ゲノム医療プロジェクト推進 特任教授
古川洋一先生

17:05~17:50  (講演30分,質疑15分)
演題『個人識別方法について』
科学警察研究所 生物第四研究室 室長
笠井賢太郎先生

懇談会  :
18:05~19:30 (1F:「エール」)
講師・ご参加各位・主催者による懇談
以上

((参加要領))
連絡先 : 第1回ゲノム情報活用のための標準化研究会
担当 :前佛 均
住所 :〒108-8639東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所 総合研究棟7F
e-mail:genome_s@ims.u-tokyo.ac.jp
参加費 :1万円(1人)
※ 現地にて徴収、領収書を発行致します。
※ 受付の際にお名刺をご持参下さいますよう、
お願いいたします。
※ 当NPO法人の会員様につきましては、無料と
させて頂きます。
定員  :120名 (先着順)
申込方法:e-mail (genome_s@ ims.u-tokyo.ac.jp)にて下記
の内容を記載の上、お申込ください。

1.お名前 2.団体名 3.ご所属 4.所在地 5.お電話番号

をご連絡ください。

** 受信後、参加登録のご連絡をご返信いたします。**

申込締切 : 2006年3月8日(水)までにご連絡ください。