理研GSC主催国際マウスミュータジェネシスシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


国際マウスミュータジェネシスシンポジウム
「ゲノム機能解明にむけて:疾患モデルとミュータジェネシス」(参加は無料ですが会場準備の都合上、事前参加登録をお願いします。まだ若干席が残っていますので事前参加登録を延長します。)
(公用語:英語)

シンポジウム公式WEBサイト
http://www.gsc.riken.jp/Mouse/AboutUsJ/Symposium.htm
シンポジウムに関する問い合わせ先:imms@gsc.riken.jp

日時: 2006年3月7日(火)9:30 am - 17:00 pm
(9:10 am受付開始)
場所: 理研横浜研究所交流棟ホール
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
交通アクセス: http://www.yokohama.riken.jp/jpn/access/index.html

List of Speakers: (alphabetical order)
プログラムおよび演題名は上記公式WEBサイトをご覧ください。
* Xiang Gao Ph.D. Nanjing University P.R. China
* Kyu-Won Kim Ph.D. Seoul National University Korea
* Seung Jun Kim Ph.D. KRIBB Korea
* Yo-ichi Nabeshima M.D. Ph.D. Kyoto University Japan
* Tetsuo Noda M.D. Ph.D. RIKEN GSC Japan
* Yoshitomo Oka M.D. Ph.D. Tohoku University Japan
* Hajime Sato M.D. Ph.D. Tohoku University Japan
* Toshihiko Shiroishi Ph.D. RIKEN GSC Japan
* Zhugang Wang Ph.D. Shanghai Jiao Tong University P.R. China
* Xiao Yang Ph.D. Institute of Biotechnology P.R. China
* Dae-Yeul Yu M.D. KRIBB Korea

Organizing Committee Members:
* Toshihiko Shiroishi Ph.D. (Chairman) RIKEN GSC Japan
* Yoichi Gondo Ph.D. (Secretariat) RIKEN GSC Japan
* Xiang Gao Ph.D. Nanjing University P.R. China
* Tetsuo Noda M.D. Ph.D. RIKEN GSC Japan
* Shigeharu Wakana Ph.D. RIKEN GSC Japan
* Dae-Yeul Yu M.D. KRIBB Korea

事前参加登録の方法

参加は無料ですがスペースの関係上、事前参加登録をお願いします。(まだ若干席が残っていますので参加登録締切を延長しました。)

以下の9項目を電子メールにコピーし、英語で記入のうえimms@gsc.riken.jpに送付ください。
# Last Name:
# First Name:
# (Select one): Dr. Mr. Mrs. Ms. Miss
# Position:
# Institution:
# Address:
# e-mail address:
# Phone:
# Comments (if any):