2006年2月14日の聖ヴァレンタインデー、バイオ工学メーカー群は米国のThe New York Timesから苦いチョコレートを送りつけられた。Andrew Pollack記者によって書かれた“Biotech’s sparse harvest”(「バイオ工学のまばらな収穫」)という長文の論評である。この記事は、米国以外の諸国も含めてカバーされた。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。