GM(遺伝子組み換え)ナタネの自生状況を調べている国立環境研究所が、2005年春の調査結果をまとめ先週、ウェブサイトで公表した。千葉県内の国道沿いの調査で1156地点を調査し、そのうちの35地点でGMナタネを確認。04年と同じ地点にGMナタネがあり、ほぼ確実に世代更新し定着している、と考えられるケースもあった。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。