京大再生研幹細胞センター「ヒトES細胞研究交流会」の開催案内が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


京都大学再生医科学研究所 附属幹細胞医学研究センター 主催

「ヒトES細胞研究交流会」
http://www.frontier.kyoto-u.ac.jp/rc01

I. 準備会:平成18年3月8日(水)18:00-19:00
岡山コンベンションセンター(日本再生医療学会第7会場):学会参加者は出席自由(途中から出席も可)で、研究交流会の具体的内容について意見交換を予定。

II. 第1回研究交流会:平成18年3月27日(月)13:00-18:00 京都大学医学部構内 芝蘭会館稲盛ホール:参加希望者は以下のメールアドレスに参加登録をお願いします。参加登録締切:平成18年3月15日(水)

我が国におけるヒトES細胞研究の順調な発展を図るため、研究者間の科学的・技術的交流に加えて、 倫理審査制度についての情報交換を目的とした研究交流会を開催します。ヒトES細胞の研究に着手している 研究者、今後参入を希望する研究者、ならびに倫理審査に関わる方々の参加を期待します。

第1回研究交流会(京都大学)の予定プログラム

1. ヒトES細胞の培養維持と凍結保存技術等の最新状況(京大再生研)
2. ヒトES細胞使用研究の体験談と研究内容の紹介(使用研究機関)
3. ヒトES細胞指針の運用と文部科学省の申請手続きに関する動向の紹介(文部科学省生命倫理・安全対策室):ヒトES細胞の指針の運用については、文部科学省の専門委員会の議論を通じ、明確化と効率化を図るためのQ&Aの作成及び見直しが行われています。これらの最新の動向を踏まえて、使用計画書を作成し、機関内の倫理審査を行うことにより、指針の遵守の徹底が図られるとともに、審査の効率化が期待されます。このため、ヒトES細胞指針の運用に関する最新の動向について紹介するとともに、意見交換を行いたいと思います。今後ヒトES細胞研究に参入される予定の研究者と機関にとって特に有益な情報収集の機会です。

4.懇親交流会(軽食と飲物に少額の参加費を徴収させて頂きます)

事務局 
京都大学再生医科学研究所 附属幹細胞医学研究センター
Fax: 075-751-3890
E-mail: esinfo@frontier.kyoto-u.ac.jp
参加申込メールには、参加者氏名、所属名、電話番号、ファクス番号、Eメールアドレス、懇親交流会へ参加の有無を記載してください。