シンポジウム「化学と生物の新融合領域のフロントランナー」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


シンポジウム「化学と生物の新融合領域のフロントランナー」<参加者募集>

π型博士育成プログラムフロントランナーシンポジウム
化学と生物の新融合領域のフロントランナー
主催:北海道大学大学院工学研究科

日 時:
平成18年 2月 20日(月) 14:00 - 17:10
     2月 21日(火)  9:45 - 15:30
場 所:北海道大学 工学研究科 材料・化学系研究棟

講演者:(敬称略)

2月20日 第一部 医用生物工学のフロントランナー
○中根 俊彦(資生堂 素材・薬剤開発センター)
「銀担持ゼオライトを有効成分とした腋臭防止剤の開発」
○竹澤 俊明(独立行政法人 農業生物資源研究所)
「農業生物材料を利用した細胞培養技術とその医薬品開発
や再生医療への応用構想」
○上仲 一義(財団法人 化学及血清療法研究所)
「改変トランスポゾンベクターの発生工学への応用」
○山岡 哲二(国立循環器病センター研究所)
「再生医療における工学の役割」

○懇親会 札幌アスペンホテル

2月21日 第二部 機能性分子材料のフロントランナー
○宝田 徹 (理化学研究所 中央研究所)
「核酸塩基を塩で見分ける」
○松波 成行(ソニー ディスプレイデバイス開発本部)
「有機発光デバイスによるディスプレイ技術開発
~分子デバイス最先端の技術紹介として~」
○今井 知子(富士フィルム 有機合成化学研究所)
「大学院博士課程での教育を経た企業における研究生活
~フラットパネルディスプレイ関連の素材開発に
携わって~」
○藤井 浩 (大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)
「金属酵素の機能発現メカニズムの解明とそれに基づく
人工酵素の開発」
○岡本 佳男(名古屋大学 エコトピア科学研究所)
「多糖誘導体の構造制御に基づく高性能キラル分離剤の
開発」

参加費:無料、ただし懇親会は有料

参加申込方法:
氏名、所属、連絡先(住所、TEL、E-mail等)、
参加日(20日、21日、又は両日)、懇親会の出欠
を明記の上、平成18年2月13日(月)までに
下記宛にE-mailにて申込みください。

申込先・問合せ先:北海道大学大学院工学研究科
高木 睦
takagi-m@eng.hokudai.ac.jp

キーワード:生物工学、再生医療、バイオマテリアル、組織工学