昨年春頃から急に聞く機会が増えた言葉、GAP。Good Aguricultural Practics、すなわち適正農業規範である。先週には、農水省もホームページ「食品安全のためのGAPに関する情報」 を立ち上げた。生産者が中心になって昨年から動いている「JGAI協会」 は、2月中に日本版GAP決定版とも言える「JGAP第二版」を公表する。いよいよ、GAPが動き始めた。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。