***** seminarMLから情報転載 *****


【システム神経生物学スプリングスクール開催のお知らせ】

システム神経生物学スプリングスクール
Systems Neurobiology Spring School 2006 (SNSS2006)
「神経系の情報処理と発達」

奈良先端科学技術大学院大学では、情報科学と生命科学の融合領域である情報生命科学の研究教育の一環として、「システム神経生物学スプリングスクール(Systems Neurobiology Spring School 2006、SNSS 2006)」を開催致します。
本スクールでは、脳神経系の全体像を分子から行動に至るシステムとして理解する「システム神経生物学」分野の人材育成を目的としております。本分野の研究を目指す大学院生・若手研究者を対象に、計算論的神経科学における数理モデル研究、分子生物学・神経生物学における基礎生物学研究、およびナノテクノロジーなどの計測技術研究に携わる国際的な教育スタッフにより、3日間の合宿形式の集中型教育を提供致します。


【ホームページ】 http://hawaii.naist.jp/SNSS2006/ (随時更新致します)
【日時】 2006年3月16日(木)~3月18日(土)
【場所】 アイ・アイ・ランド(大阪府四条畷市)
【主催】 奈良先端科学技術大学院大学
人材養成ユニット「蛋白質機能予測学」(奈良先端大)
【共催】 日本神経回路学会・ATR 脳情報研究所

【応募締切】 2006年2月24日(金)

【講師】
Dr. George Augustine (Duke University)
Dr. Michael Hausser (University College London)
Dr. 林 康紀 (Massachusetts Institute of Technology)
Dr. Alex Mogilner (University of California&s_comma; Davis)
Dr. 岡本 仁 (理化学研究所)
Dr. Hongjun Song (Johns Hopkins University School of Medicine)

【連絡先】 snss2006@is.naist.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。