***** seminarMLから情報転載 *****


4th IPSJ/SigBio meeting in February


奈良先端科学技術大学院大学の植村俊亮でございます。SEMINARメイリングリストをお借りして、情報処理学会バイオ情報学研究会のご案内をお送りいたします。今回は2月9日(木)と10日(金)に北海道大学高等教育機能開発総合センターで開催予定で、12件の発表が予定されております。どなたでも無料で参加できますから、ふるってご参加下さい。

また、このメールの末尾には、2006年度の開催予定がございます。みなさまの積極的な研究発表、ご参加をお待ちしております。

==================================================
情報処理学会「第四回バイオ情報学研究会」
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/bio/
(研究会のホームページが移動しました)
==================================================
日時:2006年2月9日(木)~10日(金)
会場:北海道大学高等教育機能開発総合センター S棟1階 S-1教室
地下鉄南北線 北18条駅より徒歩約10分
高等教育機能開発総合センターのご案内
http://socyo.high.hokudai.ac.jp/map.html
北大のご案内
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/mapindx1.htm
担当運営委員
小柳香奈子(北海道大学大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻
バイオインフォマティクス講座 ゲノム情報科学研究室
電話 011(706)6787 Email: kkoyanag@ist.hokudai.ac.jp
==================================================
プログラム:
<9日>
● Expression analysis 13:30-15:00
(1)発現プロファイルに基づく代謝経路の遺伝子系列ランキング
瀧川一学、馬見塚拓 (京大)

(2)Noise reduction procedure for microarray experiments with non-metric multidimensional scaling method
Y-h. Taguchi (中央大)、Satwik Rajaram (UIUC)

(3)恣意的判断基準を排除した時系列データの周期性判定法
富永大介、Paul Horton (産総研)

● 休憩 15:00-15:15

● Image processing 15:15-16:45
(4)GCコンテントの一次元分布情報を用いた一分子DNAの解析
杉浦忠男、長屋岳志、佐藤哲大、湊小太郎 (NAIST)

(5)3次元人体カラー画像からの半自動による肺領域抽出
城戸英彰、牧之内顕文 (九大)

(6)動的計画法によるHistogram Distanceを用いた領域拡張法の3次元医用画像への応用
森井 喬、牧之内顕文 (九大)

<10日>
● Sequence analysis 9:30-10:30
(7)Conditional Random Fields法を用いたシグナルペプチドの開裂部分の予測
岩西雄大 (NAIST)、土井晃一 (NAIST)、土居洋文 (NAIST、CLS)

(8)ヒトゲノム重複領域の網羅的解析
佐藤慶治 (産総研)、坂手龍一 (産総研、JBIC)、村上勝彦 (産総研、JBIC)、松矢明宏 (日立製作所)、武田淳一 (産総研)、藤井康之 (産総研、JBIC)、伊藤 剛 (産総研、生物研)、五條堀 孝 (産総研、遺伝研)、今西 規 (産総研)

● Protein domain network analysis 10:30-11:30
(9)真核生物におけるドメインの組み合わせの系統解析
伊藤真純、五斗 進、金久 實 (京大)

(10)Scale-free mixing in protein domain networks
Jose C. Nacher&s_comma; Morihiro Hayashida&s_comma; and Tatsuya Akutsu (京大)

● 休憩 11:30-13:00

● Bioinformatics 13:00-14:00
(11)Evaluation of Document Processing Techniques Towards Escherichia coli
Bibliographic Database
Hisayuki Horai (NAIST&s_comma; CLS)&s_comma; Tomoya Baba (NAIST)&s_comma;
Kouichi Doi (NAIST)&s_comma; Tomohiro Mitsumori (NAIST)&s_comma;
Natsuko Yamamoto (NAIST)&s_comma; Hirotada Mori (NAIST)&s_comma;
and Hirofumi Doi (NAIST&s_comma; CLS)

(12)特徴ベクトルからの化学構造の推定
阿久津達也、深川大路 (京大)

==================================================
2006年度開催予定
==================================================
第5回 2006年6月19日(月)&s_comma;20日(火)
沖縄先端科学技術大学院大学ゲストハウス(予定)
電子情報通信学会「ニューロコンピューティング」研究会と共催予定
第6回 2006年9月15日(金) 奈良先端科学技術大学院大学(予定)
大阪都心から近くまで、電車が開通しています。
第7回 2006年12月21日(木)&s_comma;22日(金) 電気通信大学
情報処理学会「数理モデル化と問題解決」研究会と共催予定。
GIW2006に隣接しての開催です。
第8回 2006年3月5日(月) 大阪大学豊中キャンパス
==================================================



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。