大阪大学21世紀COEプログラム国際シンポジウム「疾患関連糖鎖・タンパク質の統合的機能解析」(Integrated Functional Analyses of Disease-Associated Sugar Chains and Proteins)が、下記の要領で開催される。



大阪大学21世紀COEプログラム
国際シンポジウム
疾患関連糖鎖・タンパク質の統合的機能解析
Integrated Functional Analyses of Disease-Associated Sugar Chains and Proteins

日時 平成18年3月24日(金)9:00~18:00(懇親会 18:00~)
平成18年3月25日(土)9:00~12:30

会場 リーガロイヤルNCB(大阪・中之島センタービル内)
http://www.rihga.co.jp/osaka/ncb/map.html

主催 大阪大学 21世紀COEプログラム (拠点リーダー:谷口 直之)
   http://www.glycocoe.med.osaka-u.ac.jp/coe21/

招待講演者 Catherine E. Costello(Boston Univ.&s_comma; USA),James W. Dennis(Mount Sinai Hospital&s_comma; Canada),Paul Fraser(Univ. Toronto&s_comma; Canada),Hudson Freeze(Burnham Inst.&s_comma; USA),Sen-itiroh Hakomori(Univ. Washington&s_comma; USA),William J. Lennarz(SUNY&s_comma; USA),Pierluigi Nicotera(Univ. Leicester&s_comma; UK),James C. Paulson(The Scripps Res. Inst.&s_comma; USA),Jasna Peter-Katalinic(Univ. Muenster&s_comma; Germany),Michael Pierce(Univ. Georgia&s_comma; USA),Harry Schachter(Univ. Toronto&s_comma; Canada),Michaela Tonetti(Univ. Genova&s_comma; Italy),Peng George Wang(Ohio State Univ.&s_comma; USA),George F. Vande Woude(Van Andel Res. Inst.&s_comma; USA),Claus-Wilhem von der Lieth(DKFZ&s_comma; Germany),遠藤玉夫(都老人研),川嵜敏祐(立命館大),神奈木玲児(愛知県がんセンター),鈴木明身(理研),成松 久(産総研),岡部 勝(大阪大),辻本賀英(大阪大),戸田達史(大阪大),遠山正彌(大阪大),林 紀夫(大阪大),和田芳直(大阪府母子保健センター)

シンポジウム参加費 無料(要事前登録 定員300名)
懇親会費 8000円(要予約)

参加申込等詳細は、ホームページをご参照ください。
http://www.glycocoe.med.osaka-u.ac.jp/coe21/jp/wnew.html

事務局
三善英知 大阪大学大学院医学系研究科生化学・分子生物学講座(生化学)
箱田博子 (株)コングレ
E-mail: glycocoe@congre.co.jp