ヒトゲノム生命倫理セミナーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ヒトゲノム生命倫理セミナーのお知らせ(京都大学人文科学研究所)

当研究室では、以下のようなセミナーを開催します。生命科学系の研究者の方はもちろん、人文社会学分野の方にもご参加いただきたい催しです。

Human genome research and society
-from bioethics to communication with the public
ゲノム研究と社会 ?生命倫理から市民とのコミュニケーションまで

米国とシンガポールでヒトゲノム研究の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)に取り組まれている研究者を海外から招き、日本の現状と比較しながら議論を行います。全体は英語ですが、イントロダクションは日本語で行い、講演の内容についても適宜日本語で補足しますので、学生の皆さんにも出席していただければ幸いです。

日時:2006年1月23日(月)13:00-16:30
会場:京都大学人文科学研究所(本館) 大会議室
※京阪電車「出町柳」徒歩10分
京都市バス「京大正門前」下車すぐ
使用言語:英語(一部日本語)
http://www.kyoto-u.ac.jp/access/kmap/map6r_w.htm
■主催:文部科学省科研費特定領域研究・応用ゲノム
「ゲノム研究と社会のコミュニケーションに関する研究(代表:加藤和人)」

【プログラム】
13:00-13:20 Introduction(日本語で行います)
加藤和人(京都大学人文科学研究所/大学院生命科学研究科)

13:20-14:10
シンガポールにおける生物医学研究およびゲノム解析研究のELSIに対する取り組み
Approaches to the regulation of biomedical and genomic research in Singapore

Terry Kaan(シンガポール国立大学法学部)
国立シンガポール大学・法学部準教授。シンガポールの政府に設けられた生命倫理諮問委員会のメンバーであり、ヒト遺伝学小委員会の委員長。2005年11月には、遺伝学的検査と遺伝学的研究に関する報告書をまとめた。

14:10- 14:30 Break

14:30- 15:20
科学と倫理の統合:米国NIH・ヒトゲノム研究所における
ELSI(倫理的・法的・社会的課題)プログラム
Integrating Science and Ethics: The ELSI Program at the National Human Genome Research Institute U.S. National Institutes of Health

Jean E. McEwen(米国NIH・ヒトゲノム研究所)
米国NIH・ヒトゲノム研究所(NHGRI、National Human Genome Research Institute)ELSIプログラムのプログラム・ディレクター。NHGRIにおけるESLIプログラムの運営に携わると同時に、国際ハップマップ計画をはじめとする大型ヒトゲノム研究プロジェクトのELSIスタッフとして活躍している。


15:20- 15:40 Commentary
武藤香織(信州大学医学部保健学科)

15:40-16:30 Discussion

【趣旨】お二人の講演者が、東京で1月19‐20日に開催される国際
シンポジウムImpact of Genome Science for Future Medicineのために来日されるのを機会に企画しました。


【参加申し込み】
入場無料です。
氏名・所属(学年)をご記入の上、電子メールでお申し込みください(確認の返信はいたしませんのでご了承ください)。
山本(京都大学人文科学研究所)
E-mail: yoshie@zinbun.kyoto-u.ac.jp
Tel: 075-753-9244 Fax: 075-753-9245

連絡先:京都大学大学院生命科学研究科
生命文化学分野・加藤和人
〒606-8501
京都市左京区吉田本町
電話:075-753-9246
Fax:075-753-9245
e-mail:kazukato@lif.kyoto-u.ac.jp